走行距離3万キロの中古車を売る前にすること

下取り価格は、年式よりも走行距離を優先して決めています。 車種により異なりますが、走行距離3万キロ程度までなら下取り価格が極端に下がることはありません。

ただし、ディーラーに愛車の下取りをお願いすると、相場より安い価格を提示してきます。 そして、価格を提示した時のあなたの反応を見ています。

つまり、ディーラーは、あなたが愛車の下取り相場を知っているのかいないかを確認してます。

ディーラーはあなたが下取りの相場を知っているとは思っていないので、低い金額を提示します。

もし、あなたが自分の希望金額で売りたいのなら、愛車の買取相場を知っておくことが大切になります。



愛車の買取相場は、買取業者が使っているオークションに参加すればわかります。 ただし、業者が参加しているオークションは、一般の個人では参加できません。 買取業者でないと参加できません。

 では、どうすればいいかというと複数の買取業者を一括で見積もりしてくれるサービスを利用するのです。

1つの買取業者の見積もりではなく複数の買取業者というところがポイントとなります。

つまり、複数の業者に相見積りを依頼することで、その相見積りの中で一番低い買取価格が、買取相場になります。

これで、愛車の買取相場を知ることができます。

もし、今まで大切に乗ってきた愛車を高く下取りしてもらいたいならば、一括見積りサービスを利用してみてください。

一括見積りサービスはたくさんありますが、申し込みが一番簡単ですぐに完了するサイトをご紹介しておきます。

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved