走行距離5万キロの自動車をディーラに売る前にすること

走行距離5万キロ程度の自動車を下取りに出すと、ディラーでは、かなり安い買取額を提示してきます。
ディーラーが買取額を決定するときに一番重要視しているのが走行距離です。

なぜ、走行距離を重要視しているかというと、駆動を司る部分の消耗度が高いと、修理にお金がかかるからです。 従って、買取した自動車を修理する代金を考慮して、買取額がある程度決まります。

年式に関しては、新しいほど高く売れますが、いくら年式が新しくても、走行距離が多ければ、高く売れないことが多いです。

また、へこみや傷に関しては、それほどマイナス査定になりません。 従って、へこみや傷はそのままで下取りに依頼をすればいいです。

実は、ここまでの話はディーラーで下取りをする場合です。



実は、走行距離5万キロの自動車なら、買取専門の業者に下取りしてもらったほうが断然高く売れます。

なぜ、買取専門の業者のほうがいいかというと、買取した車は、そのまま流通させるだけでなく、買取した自動車を分解した部品ごと流通させるルートを持っています。

つまり、ディーラーより、買取した車を流通させるルートを多数持っています。
従って、買取専門の業者はディーラーよりも高く買取することができます。

ただ、買取専門の業者はたくさんあります。

 一番大切なことは、あなたが乗っている自動車を今すぐほしいと思っている業者を見つけることです。

愛車を今すぐほしいと思っている業者をすぐに見つける方法は、一括で買取専門の業者に見積り依頼をすることです。

見積もり依頼は3分で完了します。

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved