ローンありや車検切れや車検証を紛失してしまったら

 まず、銀行などの金融機関でお金を借りた場合と車を購入したディーラーなどと提携しているクレジット会社でローンを組んだ場合とで異なります。

 金融機関でお金を借りて車を購入した場合は車の所有者の名義があなた本人になっていますので、金融機関での支払いがまだ終わっていなくても、廃車することはできます。 もちろん、廃車ができてもローンは残っているので、それ以降返済する必要があります。

 次に、ディーラーなどと提携しているクレジット会社でお金を借りた場合は、車の所有者の名義がディーラーまたはクレジット会社であるので、自由には廃車できません。 車検証に記載の所有者の名義を確認して、あなた本人に名義を変更してもらえるかを確認しましょう。

事故や災害で止む追えず廃車するなどの理由がある場合には、名義変更をしてもらえる可能性が高いです。 まずは、どうして廃車しなければいけないかをきちんと説明するようにしましょう。

そして、名義をあなた本人にしてもらえれば、廃車をすることはできます。 この場合も、ローンの残高は支払っていかなければいけません。

 車検の切れた車は、公道を走らせることはできません。

 従って、業者に依頼して車検の切れた車をレッカー車などで運んでもらう必要があります。 そして、依頼した業者に廃車の手続き自体もしてもらえれば、廃車が完了します。

この場合、レッカー車での輸送代は数千円〜数万円(移動距離によって異なる)かかります。 そして、廃車の手続きの代行料は1〜3万円かかります。 こちらは、業者に依頼すればすべてしてもらえるので簡単ですが、費用はかなりかかってしまいます。

 もし、費用をかけずに車検の切れた車を廃車したいのなら、仮のナンバープレートを運輸支局で発行してもらい、一時的に車を運転できる状態にする方法があります。 仮のナンバープレートを運輸支局で申請する際は、自賠責保険の加入証明書が必要になります。

そして、車検の切れた車を解体業者やディーラーなどに持ち込みます。

解体業者に持ち込んだ場合は、廃車手続きは、運輸支局でしなければいけません。

また、ディーラーに持ち込んだ場合は、廃車手続きもしてもらえます (ただし、廃車手続きの代行料は1万〜3万円かかります) こちらは、運輸支局に行って手続きをする必要はありません。

どちらを選択してもかなりお金と手間がかかるのは覚悟しておきましょう。

 車検証が見つからなかったり、事故や災害で損失してしまっていた場合、運輸支局で車検証の再発行をしてもらうことで廃車の手続きは可能です。 車検証の再発行してもらうためには、実印と身分証明書を持って最寄の運輸支局へ行きましょう。 必要書類に書き込み、提出することで再発行が受けられます。この時、手数料は400円ほど必要です。

尚、事故などで車が大破し、車検証が燃えるなどして紛失した場合でも車検証の再発行してもらう必要があるので注意してください。

また、車検証を含めて車が盗難された場合には、まず、警察に盗難届けを出しましょう。 そして、その際にもらえる盗難証明書と実印と身分証明書を持って最寄の運輸支局に行けば、車検証の再発行してもらえます。

 実は廃車を買取してもらって現金を手に入れることもできるんです

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved