自動車の買取と下取りの良いところ

中古車を売却する場合、大体3つの方法が考えられます。 ひとつは中古車の買取専門店に依頼する方法、もっともスタンダードな方法ですね。

次に新車を購入する予定の店で同時に中古車も下取りしてもらう方法、更にインターネットや友人知人間で個人的に売買する方法です。 どの方法にもそれぞれメリットでメリットがあるのですが、それをいくつか説明しますので、しっかり理解した上でよいと思われる方法を選んでください。

まずメリットから見てみましょう。
買い取り専門店に依頼する場合、一番のメリットは確実性と安心感です。 査定も基本的なラインが決まっていますから、相場からかけ離れた金額が付けられることはありません。

新車の購入店に下取りしてもらう場合は、購入と売却が一度に済むので面倒がありません。 また、新車納入までは売却予定の車を使うことが出来るため、不便がありません。 個人売買の場合、仲介業者が介在しないので中間マージンの発生がなく、より高く売ることが可能です。

自動車の買取と下取りの悪いところ

では、デメリットはどうでしょうか。 買取専門店では売却のみとなるため、新しい車を購入するまで車のない空白期間が存在する事となり、生活に不便が生じます。

新車購入店での下取りは、値引きがしにくいと言う点に尽きるでしょう。 個人売買の場合、仲介者がいないためトラブル発生の確率も高く、解決も難しくなります。 また、名義変更等の手続きもすべて自分でしなくてはなりません。

以上、それぞれ一長一短であることがわかります。 それぞれのメリットとデメリットを秤にかけ、自分が優先したいものが何かをじっくり考えて行動に移してください。

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved