走行距離10万キロの中古車でもあきらめないでください

走行距離が10万キロを超えた車は下取りしてもらえるのか?

ディーラーに走行距離が10万キロを超えた車を下取りに出すと「価格がつかない」と言われます。
なぜ、ディラーはあなたの愛車を安く買い取りたいのです。 だから、走行距離が10万キロを超えた車なら、お客に「下取りできない」といっても納得してくれると思っているのです。

つまり、あなたの車の適正な下取り価格を知っていないと、ディーラーは適正価格より低い金額を提示してきます。
そして、その低く提示した下取り価格が、適正な下取り価格であるかのように言ってきます。

ディーラーは買い取った車を流通させるルートをたくさん確保していません。
従って、あなたから愛車を買い取っても、その車を流通させることができません。

つまり、ディーラーに在庫として保管しなくてはいけません。
そうすれば、保管するための経費がかかります。

だから、ディラーはあなたの愛車をなるべく安く買い取りする必要があるのです。



 走行距離10万キロを超えた愛車を高く売る方法

1.愛車の適正な下取り価格を確認しておくこと
走行距離10万キロ超えていてもしっかりとした価格で買取してもらえるとこがわかります。

2.適正な下取り価格より高い価格で買取してもらえるお店を確認する
あなたの愛車がすぐにほしいと思っているお店は、適正価格より高い値段で買取してもらえます。

たとえ、ディーラーに下取りしてもらうときでも上記の情報をしっかり知っておけば、ディーラーが言っていることが、正しいのかをチェックできます。
そして、好条件で取引できます。

上記の2つは、自分でも調べることができます。
しかし、調べるのが面倒でしたら、これからご紹介するサイトで見積もり依頼をしてみてください。

入力事項もとても少なく、すぐに見積もり依頼ができます。

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved