永久抹消登録と一時抹消登録とは

廃車したい場合には、「永久抹消登録」と「一時抹消登録」のうちどちらかを選ぶ必要があります。 「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の違いはこちらにて解説していますが、簡単に言いますと

 廃車したい車に乗る必要がない場合には「永久抹消登録」をします。また、事故などで完全に動かなくなった場合も「永久抹消登録」をします。

 長期の海外出張や入院など長期にわたって車を使用しない場合には、「一時抹消登録」をします。使用しない間、自動車税や保険の支払いを止めたい場合に一時抹消登録をします。

 廃車するための永久抹消登録の手続きを自分でする場合、まず、廃車する車を解体業者などに引き取ってもらう必要があります。 解体業者などに引き取ってもらう費用は、5千円〜1万5千円程度になります。 その際、使用済自動車引取証明書と取り外してもらったナンバープレート2枚をもらうようにしてください。

そして、使用済自動車引取証明書とナンバープレート2枚の他に所有者の実印、印鑑証明書(発行3ヶ月以内)、車検証、リサイクル券を自分で用意してください。 これらを持ってお住まいの地域にある運輸支局に行きます。

運輸支局では、「永久抹消登録の手続きのために来た」ということを言えば、必要書類の書き方を丁寧に教えてくれます。 運輸支局での手続き費用は300〜500円程度です。 手続きが完了すると「抹消登録証明書」がもらえて廃車完了です。

尚、軽自動車を廃棄する場合は、軽自動車税納税証明書が必要です。 そして手続きするには運輸支局ではなく、軽自動車検査協会に行く必要がありますので注意しましょう。

次に、上記の手続きを車を購入したディーラーなどですべて代行してもらうためには上記の費用以外に手続きの代行費用が別途1万〜3万円程度かかります。

 廃車の一時抹消登録をする場合には、まずナンバープレートを取り外す必要があります。 自分で取り外すことができない場合は業者に依頼することになります。

ナンバープレート以外には所有者の印鑑、印鑑証明書(発行3ヶ月以内)、車検証を用意してください。 上記の4点を持って運輸支局に行きます。 運輸支局では、「一時抹消登録をしたい」という旨を伝えれば、必要な書類と書き方を教えてくれます。 手続きの手数料として350円がかかります。

そして、書類とナンバープレートを提出すると、「一時抹消登録証明書」がもらえます。 この証明書は、車の使用を再開したい場合や永久抹消登録に切り替えたいときに必要となりますので、大切に保管しておいてください。 原則として、再発行はされません。

証明書を失くしてしまうと車の使用が再開できなくなる恐れがありますので、失くさないように充分注意する必要があります。 尚、軽自動車の場合は運輸支局ではなく軽自動車検査協会で行いますので、間違えないように注意しましょう。

上記の手続きを業者に代行してもらう場合には、運輸支局での手数料以外に代行手数料として1万〜2万程度がかかります。

 実は廃車を買取してもらって現金を手に入れることもできるんです

Copyright © 中古車の査定をサポート All rights reserved